Imagine

blog by M.Maeda

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

 家の近くでも桜が咲いていて、ああそうだ、桜祭りはなくなったんだったと思った。
桜祭りなんてしなくても、たとえ私が今死んでも、今年も、来年も、10年後もその先もずっと、桜は咲くんだと思った。それは悲しいとか怖いとか、そういう感覚じゃなくて、最近はただ、世界はそういうものなんだということがスッっと体にしみ込んできて、何故だか涙が出る。


日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

心が震えるもの

夜になると、「死」がいつかは自分の身にも現実に起こることを思い出し、恐怖することがある。
一人きり、底なしの暗黒にゆっくりと、永遠に落ちていくイメージ。血の色を失い、やがて炎に焼きつくされる自分の死体。


人間とか、世界とかを思う。特に震災以降。
辛い、理不尽、苦しい。いつかはこの脳はゼロにもどり、私の家族は私のことを覚えていてくれるかもしれないけれど、そのうち私が存在したことなど誰も知らない世界になる。すべてが刹那。生き物は子孫を残すために生きるのに、人間は自分の死後地球がいくら放射能で汚染されようとも、刹那のよりよい生活のために訳知り顔で「現実的に原発は必要」という。土地と海を汚染し、ゆっくりと生態系すべてを壊していくであろう、取り返しのつかないことをしてもなお。

過去から学ぶ、など、あり得ないんだと思う。そうやって太古から人間は繰り返してきたんだろう。
「生きていればきっと良いことがある」とか、そういう言葉がすべて、白々しいごまかしの言葉に思える。

つらつらと考えていると、問い続ける作業、が何かを表現しようとする人間には必要なんだと思う。
小説でも、音楽でも、そして写真でも、表面をなぞっただけのものじゃなく、心が震えるものは何かを表現する、覚悟のようなものがひしひしと伝わってくるもの。

日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

人が生きること


人生は美しい、愛でられるべきものという幻想が、人を鬱にするんじゃないかと思う。
人生で美しい部分なんて、あって1%位だ。あとは醜い、辛い、憎い繰り返しの毎日。

明日も、明後日も、何年も、何十年も、日々のつらさを消化していくと、知っている。 人間の、欲にまみれた醜さよ。「幸せ」という言葉を初めて使った人が憎い。このことばがなければ不幸せなどなかったのに。正体不明の言葉を創造してしまったが故に、それに縛られているのだ。

「自分は幸せじゃない。ということは不幸せなんだ」 と落ち込む。
「妻がいて子供がいる、幸せじゃないか」 と自分に言い、また毎日醜悪な日常の連なりに耐える。

これは悲劇だ。同時に喜劇。
人間に生まれるだなんて、前世でよほど悪いことをしたに違いない。許されるまで生は続く。

日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

想像力

今 世界に足りないのは想像力だ。

日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

想像による創造

人間は想像して新しいものを創造する。

宗教、死、国家、貨幣、愛、幸福。想像上のものを信じ、そのために生きる。そのためであれば殺しさえする。
日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

当事者としての意識

日本では死刑存続を支持する人が多いという。

死刑制度に関する議論は、感情論になってはいけないと思う。人が殺された、憎い。だから殺したやつを殺す、というのでは単純すぎる。

そもそも死刑制度は、人は間違い得るという大前提を無視している。逆にいえば無実の罪で死刑になる可能性を肯定している。

死刑制度廃止論は、キレイ事だという意見を耳にした。憎しみを晴らすための汚い「殺す」という部分を、国が担わなければいけないと。でも、「国」が殺す、ということは、「私」が殺すということで、「あなた」が殺す、ということだ。日本国民であれば1人も洩れずに「殺す」という行為の当事者。私たちの代表として、死刑執行する人がいる、ということを思いださなければいけない。「人を殺す」ことが仕事である人が、いるということ。そしてその人は、私だしあなただ。




日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |

はじまり







日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |