Imagine

blog by M.Maeda

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

もの食う人々

 クロアチアの、無人になった村でたった一人で暮らす老婆の話が、ふとした時に思い出される。

ユーゴスラビア連合軍による攻撃で死んでしまった夫、義理の息子の記憶。村にいたセルビア人と「鎖でつながったみたいに」仲良く暮らした記憶。今もセルビア人武装勢力の攻撃があり、村人はみんな疎開した。幸せだった記憶と圧倒的な孤独のなかで、著者が次の日も来てくれることを期待しながらレザンツェをつくる老婆の話。


その他、ダッカの残飯、人肉、ジュゴンの歯の粉末、チェルノブイリの食卓・・・ものを食う、という生き物としての最も基本的な行為から「人間」を見る。
recommend | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://mitsuma.jugem.jp/trackback/12

TrackBacks